ありのままの あなたで

不登校でも ひきこもりでも いいんだよ

息子の大学生活 その2

 

息子のひきこもり脱出記 NO.26

 

不登校以来、生活パターンが崩れていた息子でしたが

大学へは通うことができました。

 

法律については元々興味があったので楽しく勉強できたようです。

講義は 前列の中央に陣取って受けていたようです。

成績も良く、給付奨学金も得ることができました。

 

しかし、中学・高校が不登校だったため、基礎学力(数学・英語)は全くだめ。

ぎりぎりで単位をとっていました。

これが 最近判明したADHDによるものなのかもしれません。

興味のあるものには とことん頑張れるけれど

興味のないものには 向き合うことができない。

それとも、子どもの頃に受けたいやな思い出がまだよぎるのでしょうか。

自分で、数学や英語をもっと学習しようという気にはなれないのですね。

 

大学は 年に1度出張をして 親に説明会を開いていました。

説明会には参加しませんでしたが、1年次には午後からの個別懇談に出席しました。

こんな制度が大学にもあるんだ・・・と少子化になると大学も必死なのかななんて思い

ながら

今回は丁度、ゼミの教授が地元担当だから出席して欲しいと息子から連絡が来たので

す。教授からも言われていたようです。

 

懇談では

法律に関して、センスがあるので もっと勉強に対してハッパをかけたいと思うがと言

われました。(通信制の付属から来ていることはもちろんご存じなので)

それに対し、不登校の原因が学習へのプレッシャーが大きかったことをお話しし、ハッ

パはかけないで欲しいとお願いしてきました。

 

大学なのにこんな制度があるのか?と思っていた私ですが、息子にとってこの制度は助

かりました。

しかも、今回は運良くゼミの教授が担当だったから 本当に良かったです。

息子に関わりのない方が担当だったら、こんな話はできなかったのです。

不登校 ひきこもりをしても 何か守られていると私は感じていました。

 

お陰様で、その後も 息子は自分のペースで学ぶことができ、学生自習室の長やサーク

ルの幹部も務めることもできました。

友だちもでき、旅行なども一緒に行っていました。

    (今でも付き合いが続いています。)

ここでも、彼女ができました。

 

また、好きだった鉄道模型でも遊ぶ余裕も 息子に生まれていました。

 

この頃が、息子が少し遅い青春を一番楽しむことができたのではないかと思います。

そして、ひきこもりから脱出できたと思っていたのです。

 

息子の大学生活 その1

 

息子のひきこもり脱出記 NO.25

  久々 二ヶ月ぶりの ひきこもり脱出記

 

神奈川県の大学に進学が決まって

千葉のアパートから引っ越さなければならない

 

ここで、息子の変化を感じたのは

今までは、私主導でアパート探しをしたり

引っ越しの準備をしたりしてきたけれど

息子が主体的に動き、私はそれを手伝っただけ

 

まあ、あれから10年もたっていたし

年齢も少年から 青年 一応大人になっていたので、本来ならば当然のことですが。

 

変わっていなかったのは、アパートへのこだわり

広くなくては 「みじめな気持ちになる」ということ

 

幸い、神奈川といっても田舎なので

思ったより安い家賃で

しかも新築のアパートが見つかったこと

駐車場付で

自分で、賃貸住宅情報を調べて

父親と物件を見に行き 決めてきました。

 

今までは、私と物件を見に行っていましたが

父親と行くことができたことも 変化だったでしょうか。

このころ、父親も親の会などに参加して いろいろ勉強していたので

息子も少しずつ父親の変化を感じていたのかもしれません。

 

引っ越し業者も 自分で安いところを探し

見積もりをとり交渉して

 

でも、荷造りはやっぱり大変

遅々として進まず、ここはどうしても私の出番。

 

しかし、ここまで自分の力で動き出せるようになり、

ここで、ひきこもりから脱出できるか ということでした。

 

今までは、フリースペースで守られた環境の中での生活

今後は、一般社会に出ての生活

 

一旦社会に出ても、再びひきこもるという例を色々聞いていましたから。

 

千葉から離れることになるので、

ここで一旦フレンドスペースからお別れということになり

長い間、息子と私たち家族を支えて下さった桝田先生にお礼を伝え

お別れすることになりました。

喜びと期待と そして少しの不安と

久々の 親子の絆カウンセリンググループワーク

 

久しぶりに フレンドスペース主催の

「親子の絆カウンセリンググループワーク」に参加してきました。

 

今日のテーマは「資格を手に入れた」

 

不登校 ひきこもりを経験した若者は

資格をとると就職に有利とあって 資格をとることを目指す人が多いです。

しかし、資格をとってもなかなか社会復帰が難しいことがあります。

 

我が家の息子の場合

息子もこの春 社会福祉士の資格をとりました。(行政書士の資格もあります。)

 

しかし、長年のひきこもり生活のあと、学校に10年遅れての復帰

その後のうつ病再発でまた5年遅れて

資格はとったものの なかなか就職先が決まりません。

年齢が引っかかってしまうようです。

専門学校の先生は大きく後押しをして下さるのですが、

世の中はなかなか厳しいです。

 

でも、息子は前を向いています。

まずは、

非常勤職員やアルバイトで実績を積んで認めてもらい、

そこから道を広げていけると信じています。

机上の学習・理論だけで考え動く人よりも

実体験があり 若者や親の気持ちが分かる人が、本当は必要とされているはずだから。

息子のその思いが叶うときがくると私も信じています。

 

他の方の事例でいうと

簿記などの資格を取り、一般会社に就職した場合

始めはいいのですが

会社での人間関係や長時間労働などについていくことができず、

退職してしまう

それは、人によって 数日 数週間 数ヶ月 長い人は数年と違うけれど

長く頑張った人は 再び ひきこもってしまうこともある

 

社会に出たいと本人は思っていても、働くことは大きな壁になってしまうのです。

 

そこで、カウンセラーの桝田宏子先生が話し合いのテーマに出された新聞記事

4月1日に内閣府が発表した中高年ひきこもりの実態61万人

それに関して 朝日新聞に当日に投稿があり、2日の朝刊に掲載された記事です。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20190406213706p:plain

自分の実態を淡々と理路整然と書いてある文章。投稿して何を言いたかったのか。

ひきこもりの実態を知らせたかったのか。実名まで出して。SOSを求めているのか。

私たちは真意を図りかねました。

 

私たちが話し合った箇所は で囲んだ部分 (見にくくてごめんなさい)

「昨年1月に11年勤めた会社を辞めて」

  ・まだ、ひきこもって1年少し こんなのはひきこもっていると言えない

   実態は10年20年以上の人が多い

  ・今まで働いていたのだから、ひきこもりをそんなに軽く考えてもらいたくない

確かに、多くのひきこもりの方々の実態を知らない人は、ひきこもりのことを「甘え

だ」「働けばいいじゃないか」と軽く考えてしまうかもしれない。

 

でも、

「人間関係が面倒になった」

「自己肯定感が低い」

「短期間で辞めた仕事が多く続ける自信がない。」

ここを読むと、明らかに ひきこもりの特徴だ。

 ・人間関係を結ぶのが大変で、短期間で仕事を辞め、でも「これではいけない、働か

  なくては。」と働き、また、人間関係に疲れてまた辞め、それを何度も繰り返す。

 ・こうなると、自己肯定感はどんどん低くなる。

 ・11年間、何とかと続けようと頑張ってきたけれど、ついに疲れ果てて ひきこも

  ってしまった。

 

桝田先生と出した私たちの考え。もちろん、私もそう思って意見を言った。

 

ここで、私たちはこの記事には出て来ない大切なことについて話し合った。

このblogを読んで下さっている方は何と思われますか?

 

そう、家族。親兄弟、親戚などの近しい人たち。

 

本人が仕事を辞めざるを得なくなって苦しんでいるとき、

家族、親はどうしていたのだろう。

1回目は辞めても、また働きだしたからいいじゃないかと

それが何度もとなると、いい加減にしろ、早く仕事に就け、何を甘えているんだ

などと、本人の苦しさを考えず、

仕事に就かせることだけを考え、責めてきたのではないか。

だから、家族と絶縁状態になってしまい、孤独で、

助けを求めることもできないのではないか。

 

 

こうなると、本人の居場所はどこにもなく

相談することもできない 相談する気力さえなくなる

こころを休める場所がない

安心してひきこもることができない

自己否定だけが大きくなっていく

 

こころが疲れたとき。

安心してひきこもること場所があったら、

人は自然に治り 羽ばたいていく

社会に再び出ていくことができる

家庭、親は大切な居場所。

就職・就学を考える前に、まず家族関係を回復させること

(私の前回のblog ボタンの掛け違い・親から変わること と同じこと )

 

これが、本日の話し合いの結論。

 

そして、最後に本の紹介

「親から始まるひきこもり回復」 臨床心理士・桝田智彦著

お名前から分かるように、桝田先生の息子さんです。

実は、桝田先生親子にも色々紆余曲折がありました。

桝田先生は息子さんを信じて支え続け、智彦さんの現在があります。

桝田先生親子が長年ひきこもりの青年たち、親御さんたちを回復に導かれた実践から

書かれている本です。

 

まだ、書店にも並び始めたばかり、

Amazonでも取り扱いが始まったばかりの本です。

私も、今日、購入したばかりでまだ読んでいませんが、

私たち親子を導いてくだっさた方の本ですので、内容の素晴らしさは分かっています。

是非、手にとって見て下さい。

 

www.scsself.com

ボタンの掛け違い その3

 

3月中旬に ボタンの掛け違いについて 

我が家の義母と義弟 夫と息子のことで書いてきましたが

今回は その3

 

 

不登校 ひきこもり を抱えるご家庭には 

ボタンの掛け違いが起きていると思います。

 

私の仕事でも感じますし 親の会でも感じてきました。

また、色々な子育ての講演会などを聴いて 

どの先生が言われることも 家庭に原因している

「親が変われば 子も変わる」です

 

でも、親も子どものことを考えて良かれと思ってきたこと

親も生活を支えるために一生懸命生きてきたこと

 

だから、決して「親が悪い」というのではなく

ボタンの掛け違い

親の思いと 子の思いが ずれていたということ

 

 過保護と過干渉

 甘えと甘やかし

 聴くと聞く

 諭すと叱る

 無条件の承認と 条件付き承認

 手間がかかる子と かからない子

 直すと治る              などなど

 

これを間違えると 親が愛情を注いでいると思っていても

子どもは愛されていない 淋しい 自分はダメだ と思ってしまう

 

愛されていない 淋しいと思うと

 親の関心を引こうとして わざと悪いことをして親を試してみる

 親に良い子と思われたくて 無理をしている

子どもは親に守れていなければ 生きていけないのだから

子どもの精一杯の智慧なのですよ

 

f:id:sunnykm-aktm-1422:20190405221336p:plain

 

 小さい頃 親の愛情を十分に感じて育った子は

  こころが安定する 

  自分は守られているという安心感がある

  自分の居場所を 親に 家庭に 感じることができる

だから、学齢期になり家庭から外に出ても 自己肯定感が育っているので大丈夫 

いじめなどの対人関係、勉強などのつまずきに問題がおこっても 

  「自分は大丈夫」と乗り越える力が育っているい    

  家庭に帰ってこころを癒すことができる

  親に辛さを相談できる

 

一方 愛情を感じずに育った子は

  こころにいつも淋しさを感じて 安定していない

  親に見捨てられるのでは・・・という心配がどこかにある

  家庭にいても 安心ができない 落ち着かない

だから、自己肯定感が育たず、自己否定をして自信がない

対人関係やつまずきなどのトラブルが起きた場合

  それを乗り越えることができない

  家庭に帰っても こころを癒すことができない

  親に相談もできない・・・

そうすれば、自分に閉じこもって 不登校 ひきこもり

または、外へはけ口を求め 非行へ・・・

 

そして 親は子どもを 直そうとする

  

でも、ボタンの掛け違いをしたままでは 子どもに親の心は通じない  

子どもは 親を信頼していないから

 

子どもは、自分がこの状態になっているわけが はっきりとは分からない

なぜ こうなってしまうのか自分でも分からない

子どもだから まだまだ 自分のこころを見つめる力は弱い 育っていない

 

だから

ボタンのかけ間違いに気づいたら 親がそれをまず治していく

親は大人なのだから 見つめる力 考える力もあるはず

だから 親が自らを治していく

 

子どもが親の真の愛情に気づいたら

子どもが ありのままの自分でいいのだという 自己肯定感をもてたら

子どもが自分は守られているという 安心感をもてたら

子どもは自分で治っていく

 

大切なお子さんを いつまでも苦しませないで!

ボタンの掛け違いに気づかないと 親自身も苦しんでいる

親さんも苦しまないで! 

 

 

 

ご褒美 ランチ

 

退職して、作業所を友だちと始めた友だち(ややこしい)とランチしてきました。

彼女のお祝いと、私のレポート提出のお疲れ様も兼ねて。

ちょっと、贅沢しようかと思いながら、二人でやっぱりもったいないか・・・と

1,480円のコースにしました。いつもより、チョッピリお高め。

本当は、駅前のビルんの4階にある眺めのよいお店に行きたかったのだけど、

本日は貸し切りとかで、そのビルの2階のお店に行きました。

 

話に夢中で、写真撮るの忘れてました。(^-^*)

 

彼女と私は、色々、共通点があって何でも話すことができます。

私は勝手に親友だと思ってます。

今日も彼女の家庭のこと、私の家庭のことをそれぞれ話しました。

これは、他の誰にも言えません。

二人がお互いの家庭のことを分かり合っているから、分かり合えるから、

話せることです。

ただ聴いてもらえるだけでいいのです。

そして、お互いにアドバイスもしあえます。

 

そして、今日はお互いに

「あなたは、強いね。」

ということで、お互いを認め合っていました。

 

つぎ、また旅行をしたいねと別れましたが、

お互いに今年の夏は新盆を迎えるので、やっぱり遠いところは無理だね。

1泊だね。

と、いうことで、これから行き先を考えるのが楽しみです。

 

レポート提出、頑張ったね。

 

ひきこもり支援相談士認定講座

3月末に提出!目標を立てていたけれど、2日遅れで、本日提出!

自分では、間に合うつもりでいたけれど、義母が亡くなったこと、母が捻挫したこと、

息子のゴチャゴチャ 予定外のことが勃発。

なんて言い訳はよくない、1月にちょっとサボっていたことは事実。

 

しかし、目標からあまり遅れずに済んでよかった。

あとは、合格できるかな~。祈り〔(/-o-)/〕

きっとできる!信じます!願いは強くないと天に届かない!

 

ということで、しばらくblogをあまり更新できませんでした。

息子のことで、書くことが残っているのだけれど。

これから、またボチボチ書いていこうと思います。

 

まず、明日は友だちとランチ。

友だちも発達障害の方々の作業所をするにあたって、資格をとったのです。

二人でお祝いです。

心がすっきり、落ち着いて

 

新年度が始まっているのに 3月31日(日)のお話

 

母に弥勒参拝求道式を受けてもらいました。

高齢で一人暮らしの母であり、元気とはいえ、いつお迎えがきてもおかしくない。

母も常に 何事にも心配なくゆったり暮らしたいと願っていたし

私も 心配せずに母を見守っていたいと思い、受けてもらいました。

 

この儀式は結構微妙で初めて体験すると???

というところもあります。

変な新興宗教に引きずり込まれた?!

でも、宗教の枠を超えた考え方で、お坊さんや宮司さん、牧師さんなども受けられるの

です。実際、受けている方があるのです。

 

話を聴いていると、自分を見つめられる、自分を変化させることができる、

余分なことに悩まず、自分のやりたいことがはっきりして、

それをやると 思うように物事が進んでいく。

自分のミッションに目覚めて、自分の人生のステージが上がっていく。

(胎内記憶の池川明先生、神門の飯島敬一先生も受けていて、お墨付きです。)

 

確かに、そうなのですよ。

私もミッションといえるかは分かりませんが、やりたいことがはっきりして

今、それに向かって進んでいるのです。

 

最近、私の身に、困難なことがふりかかってきていたのですが、

それに対して、慌てることなく(一時的には☆=>=>=>(+_+。)でしたが)、

自分が今、何をやったらいいのか、判断できる私がいたのです。

 

今回、母の求道式に参加していたら、

私の心はよりすっきりして落ち着いたのです。

 

ありがとう。

感謝する気持ちが大切なのです。