ありのままの あなたで

不登校 ひきこもりで いいんだよ

「いじめ」 本当に分かっているのだろうか

25日(土) 子どもの人権ネットワーク・岐阜主催の講演会

「いじめ と 校則」に参加してきました。

 

講師は 大河内祥晴さん 

皆さんもご存じでしょうが 

25年にいじめによりこの世を去った大河内清輝君のお父さんです。

それ以来、いじめ被害に悩みを抱えている全国の子どもたちと交流を続け

講演会活動など いじめ問題に取り組んでいらっしゃいます。

岐阜市中学校におけるいじめによる自死が疑われる事案の

三者委員会のお一人でもありました。

ですから、お話を聴きたいと参加しました。

狭い会場はいっぱいの方でした。が、見慣れた顔が多かったのです。

チラシには「生徒のみなさん 保護者の方 学校の先生、ぜひ参加してください。」と

あったのですが 関心のある方は・・・何か残念な思いでした。

 

実は 大河内さんは愛知県立大学でも毎年講演をされ、

そのとき私の息子も「ひきこもり」で講話をさせていただいていて 

息子とは知り合いなのです。

私には皆さんとは違う特別な思いもあったのですけどね。

 

 

さて、大河内さんが最初に言われたことが

「いじめ」とは何だろう 本当に分かっているのだろうか

 

そうですよね。

「いじめ」絶対にやってはいけないこと。

どんな理由があろうと「いじめ」それは言い訳であって

人の尊厳を傷つけることは 許されることではない。

皆 知っている 分かっていると思うのです。

 

でも、「いじめ」はなくならない。

やっぱり 本当に分かっていないのですよね。

こうやって、ブログを書いている私も

「いじめ」にはあっていない。

「私も 分かっているのだろうか?」と考えさせられました。

 

「いじめ」られた 辛さ

「死ぬ。」ことは怖いはずなのに その「死」を選んでしまうほどの「辛さ」

私は本当に分かっているのだろうかと 考えさせられました。

大河内さんが読まれたいじめにあっている子どもたちからの手紙

涙が出てきました。

 

それを 子どもたちの心にどのように落とし込んでいったらよいのだろう

考えさせられました。

「いじめ」はいけない 

そんな軽い言葉では  それだけでは 本当には届かない。

 

人には どうしても 

好き嫌い

合う合わない

人より優位でいたい 

などなど 理屈ではない感情があります

それを 乗り越える広い心がなくてはなりません

 

今の学級 学校では 皆が同じように生活することを求められます

校則でしばることもあります

そこでは 上手く合わせることができない子や 疑問を感じる子も出てきます

受験や部活なども 頑張らなくてはいけません

ストレスが溜まります

子どもたちの心には ゆとりがなくなります

 

こんなとき 他人を思いやる 温かい心がもてるのでしょうか

自分の感情を抑える 広い心をもてるのでしょうか

 

大人の世界でも 世界中で この歴史上ずっとずっと

民族間 宗教 考え方の違い などなど 様々な場面で

差別があり 「いじめ」のようなものがあり

自国中心で 世界のことを考えず 

それが虐殺になったり 戦争になったり

そんな大きいことではなくても 大人の社会でも「いじめ」は多い

人間が集団で暮らしている以上 避けられないことなのだろうか

 

そんな大人の世界を観ている子どもたちに

お互いを思いやろうとか

互いの良さを認め合おうとか

何か 絵空事のように思う

 

「いじめ」今回のお話を聴いて

 大人社会の認識を考えさせられたました

 大人の取り組みの在り方を考えさせられました。

 

不登校・ひきこもり・・・心配はつきないけれど   信じること 

 

週1・2回 blogを書くことができたらと思っていますが、

先週は書くことができませんでした。

スマホがダメになってあたふた。

昨年11月ごろからバッテリーが弱ってきたようで 充電がすぐになくなる。

暮れは忙しいので新年になったらと思っていたら、やっぱり。

もう古いので結局は買い替え、アプリの入れ直しなどで先週は時間をとってしまった。

(なにせ、年なのでちゃっちゃとできない😢)

 

さて、不登校・ひきこもりで いいんだよ NO.9

 

その間、ポポロでは 12日(日)に「べんぽした」不登校親の会

そして、19日(日)は 居場所で交流in岐阜があり 両日に参加。

 

両日とも、小学校高学年や中学生の不登校のお母さんの参加があった。

私がお手伝いしている小学校でも、高学年の子の登校渋りがある。

また、一旦は仕事に就いたけれど 仕事に馴染めず

ひきこもっているという方もあった。

子どもさん本人やご家族のことを思うと 心が痛む。

 

自分の息子のときのことを思うと

私もかつては 思い悩んでいた。

でも、そのころの記憶が今薄れ始めている。

今は、そのおかげで自分が成長できたし 人生が変わったと思っている。

 

それは、きっと良い相談機関に恵まれ ずっと相談でき

不登校・ひきこもりをそのまま受け入れることができたからだと思う。

 

今回、参加して下さった方たちが 

諦めずに ずっと親の会・家族会に参加して下さると嬉しい。

親が勉強して 不登校・ひきこもりのことをもっと知って

自分のお子さんの場合、自分の場合、自分の家庭の場合は・・・と

考えて下さると嬉しい。

そうすることで、親の心に余裕ができ

子どもさんに寄り添えるのではないかと思う。

 

もちろん、学校へ行けたら嬉しい 仕事に行けたら嬉しい。

でも、それを目的にするのではなく

不登校・ひきこもりを選んだ子どもさんの気持ちを大切にしてあげたい。

たっぷりある時間を有効に使うことを大切にしてあげたい。

子どもさんが自分について見つめる時間を大切にしてあげたい。

自分は何をしたいか考える時間を大切にしてあげたい。

 

親が学校へ行って欲しい、仕事に就いて欲しいと思っていると

敏感な子どもはそれをキャッチして 

自分はダメなことをしていると 自分を責めてしまう。

親に心配をかけていると 自分を責めてしまう。

自分を責めて 自己肯定が低くなれば

自分を追い詰め 親にも反発するようになってくる。

そこからは 何も生まれない。

 

社会に流されず

学校 会社 自分のことを考えてしまう繊細な子だから

不登校 ひきこもりになったと思うのです。

だから、じっくり考え 自分を整理する時間をあげて欲しいのです。

親が見守ってくれると思えば 安心して考えることができます。

親にも自分の思いを打ち明けてくれると思います。

そして、自分に合った方法で歩き出すと思います。

 

心配はつきないけれど

子どもを 信じること だと思っています。 

だって、自分の子どもなのですから(*^^*)

 

新しい年 やりたいこと

明けまして2020年。令和2年。もう、5日が経ちました。

そして、このblogを始めて 2年が経ちました。

今年もよろしくお願いします。

 

我が家は〇〇で新年のご挨拶はなしです。

でも、夫は神社のお手伝いに大晦日夜から出かけました。

息子は自立支援施設の宿直

娘は 2月に1周忌があるからと 帰省しない。

そのため、初めて一人で迎えた新年。

でも、夫が帰宅後は お雑煮とお節を頂いて

夕方からは 成田山に初詣。交通安全をお願いしてきました。

お寺は 大丈夫ですよね。

 

 

 

さて、新年にやりたいこと。

昨年に引き続き 不登校・ひきこもりの若者やご家族のお手伝いをすること。

 

そのために 多くの方々と繋がっていくこと。

繋がることで 自分の知識・体験そして考えをもっと広げていくこと。

まずは、生きにくさを抱えている若者やご家族にAKIRAさんの歌を届けること

AKIRAライブを皆さんの力を借りて成功させること

昨年 かかみ知加子先生にお会いした時

一か所に留まるのではなく 広く繋がるほうが向いていると言って頂いたこともあり

まずは 気になることは自分から連絡をとっていこうと思う。

今日、早速 「不登校学びネットワーク東海」さんと繋がることができた。

 

もう一つ、自分の足元を固めること。

昨年は 外ばかりを向いて頑張ってきた。

そのために 確かに新たな出会いがいろいろあり 繋がることができた。

でも、足元がしっかりしていないと いつか揺らいでしまうのではないかと思う。

だから、自分の足元 家のことももっとしっかり行うこと。

無理のない範囲で 続けていこう。

 

f:id:sunnykm-aktm-1422:20200105232926j:plain

 

昼夜逆転 起きられないのはなぜ?

不登校・ひきこもりで いいんだよ NO.8

 

2019年最後のblogで~す。

1年の締めくくりとして 、もっと楽しいことを書きたかったのですが

前回 昼夜逆転をする1つ目の理由として

自分の存在を消している ことを書きました。

次回は2つ目の理由と 予告していたので

締めくくらないと ということで。

 

 

不登校している子が夕方になると元気で

「明日は学校へ行く」と明日の時間割をして寝たのに

朝になると「お腹が痛い。」「頭が痛い。」と行かないことがよくありますよね。

仮病じゃないかと思ってしまうのですが

「ストレス」や「不安」から そうなってしまうのですよね。

 

学校 勤務先は 本人にとってストレスが溜まるところ 不安が大きいところ

それを無理して行っていると 体調を崩してしまいます。

それが2つ目の理由 自律神経の乱れ

 

自律神経というのはよく聞きますが

どんな神経か ご存じですか?

 

皆さんは 自分の手足などを意識して動かすことはできますよね。

では、自分の心臓を意識して速く動かしたり 

消化のために意識して胃や腸の動きを調整したりできますか。

できませんよね。

自分の体(内臓)の働きを司っているのが自律神経です。

自分の体の 司令塔なのです。

 

f:id:sunnykm-aktm-1422:20191230210116p:plain

自律神経は 交感神経と副交感神経からできていて、二つの神経がバランスをとって

私たちの体や心を安定した状態に保っていてくれます。

 

私たちは昼間活動しているときに 緊張や興奮をしていますが

夜休息のときはリラックスして 

昼と夜でバランスを保っています。

シーソーややじろべえでいうと40度くらいの傾きまではバランスが保てるそうです。

 

しかし、学校や職場で 極度のストレスを感じると その傾きが大きくなり

バランスを崩してしまいます。

極度に緊張して交感神経が優位になりすぎると

パニックに陥ったり 過呼吸になったり 過敏性胃腸炎になったりします。

ストレスから 身体が疲れると休息を要求して 副交感神経が優位になりすぎ 

長時間眠ってしまいます。でも疲れはとれないのです。うつ病にもなります。

 

息子も 不登校になる前から 体調を崩し

医者からは 「自律神経失調症」「過敏性腸炎」と診断を受けました。

でも、医者にも手立てはありませんでした。

実際に内臓のどこかが悪いというわけではないのですから。

 

息子は 

睡眠時間が異常に長くなった

寝起きも異常に悪くなった 

そして、登校や外出しようとすると 腹痛・下痢などの症状が発生した

と振り返っています。

 

そんなわけで、規則正しい生活なんて できっこないのですよ。

昼夜逆転ですよ。

 

だから、先ずは 自律神経の乱れをもとに戻すこと

それには、ストレスをなくすことです。

 

 (これは前回も書いたことですが)

だから、親が 学校へ行かないこと 仕事に行けないことを

「今のあなたにとって 休むことも必要なことだね。大切な時間だね。」と認めれば

安心して ストレスを和らげることができます。

徐々に 昼間も起きていることができるようになります。

 

 

不登校・ひきこもりを悪いことと決めつけて

「行かせよう。」としているうちは ストレスが溜まり続けていますから

昼夜逆転を直すのは難しいですね。

「行きたくても 行くことができない」ことが多いのですから。

 

自分のことを分かってくれる 分かってくれようとしていると思えば

安心して 不登校・ひきこもりをして 

昼間も起きていることができるようになります。

家が 安全な居場所になるからです。

 

 

ここで 自律神経をもとの状態に戻す方法を ご紹介します

 

私は自律神経調律師として 

自律神経をニュートラルな状態に戻す方法を学んでいます。

息子にもやって 「すっきりする。」と言われました。

息子にもその方法を教えています。

簡単な方法ですので 皆さんも試してみてください。

 

これは、子どもさんにやってあげるのもいいのですが

自分も行って 自分を整えると

自分のイライラも解消するので

子どもさんに対する影響もよくなるのですよ。

 

不登校 ひきこもりの皆さんも

ご自分でやってみてください。

すっきりするのを感じますよ。

1日3回 毎日やっていると 自律神経が整ってくると思います。

 

 

耳にある「神門」というツボをひっぱる方法です。

神門メソットマスターである 飯島敬一先生が考えられた方法です。

www.shinmondo.com

 

 

昼夜逆転 当たり前 

不登校・ひきこもりで いいんだよ NO.7

 

不登校・ひきこもりを直すために まず

   「だらだらした生活を立て直す」

   「規則正しい生活を送るようにさせる」

                という支援者がいますが

それは???

経験者の息子も 私も それは??? です。

生活が不規則で昼夜逆転し 不登校になるのでしょうか?

 

f:id:sunnykm-aktm-1422:20191220005248j:plain


 

 

考えてもみてください。なぜ、昼夜逆転するのでしょう。

大きく2つの要因があると思います。いや、あります。

 

1つ目 自分の存在を消している

不登校・ひきこもりをしている本人は

堂々と 「〇〇の理由で休んでいます。」と胸をはって言えるでしょうか?

周囲から肯定されていれば 言える人もあるでしょうが

 

多くの方が 学校へ行くことができない自分 仕事をすることができない自分を

情けなく思ったり 自分が悪い、だめな人間だと思ったり

自分の存在を消したくなる(自殺にも通じる)場合もあります。

 

皆が 朝、登校・出勤し 昼間は働いている

そんな時間に家にいる自分

親に起こされても 学校には行けない 仕事には行けない

自分にとって ストレスがたまる場所だ 辛くなる場所だ

行かないことを

人に何と言われるのだろうか サボっている 怠けているとしか 見えない

だから 体調が悪いことにして 寝ている。

家にいることを 周囲の人にも知られたくない。ひっそりしていたい。

そして、起きていたら 情けない自分をまた責めてしまう。

 

夕方 皆が帰宅する

夜なら 皆が家にいる

自分も家にいて当たり前 だから 安心して起きていることができる

で、何をしようか でも、することがない

TV、マンガ、ゲームで気を紛らわす

熱中していたら 情けないダメな自分を忘れていられる

何もしていなければ また学校へ行けない・仕事ができない自分を責めてしまう

親にも何か話しかけられる

話しかけられたって 今やっていることがあるから 返事をしなくてもすむ

 

こんなふうに 不登校・ひきこもりをダメなことだと思い

自分を責めているのですよ。

 

だから、親が 学校へ行かないこと 仕事に行けないことを

「今のあなたにとって 休むことも必要なことだね。大切な時間だね。」と認めれば

安心して 昼間も起きていることができるようになります。

不登校・ひきこもりを悪いことと決めつけて

「行かせよう。」としているうちは 昼夜逆転を直すのは難しいですね。

「行きたくても 行くことができない」ことが多いのですから。

自分のことを分かってくれる 分かってくれようとしていると思えば

安心して 不登校・ひきこもりをして 

昼間も起きていることができるようになります。

家が 安全な居場所になるからです。

 

次回は 2つ目の理由です。

 

 

  

学校は 命を懸けてまで 行くところじゃない

不登校・ひきこもりで いいんだよ NO.6

 

5日。 ことし7月、岐阜市のマンションから中学3年の男子生徒が飛び降り自殺したとみられる問題で、生徒が死亡の前日に、学校のトイレで、ほかの生徒に土下座をさせられていたことが、市の第三者委員会への取材でわかりました。第三者委員会は「生徒はエスカレートするいじめで死に追い込まれていった」としています。

 

13日。 おととし、埼玉県所沢市の中学1年生の男子生徒が自殺したことについて、市が設置した第三者委員会は、学校でのいじめがあったと認定したうえで、「勉強や部活動への苦手意識など、複数の要因が重なり自殺に至った」とする報告書をまとめました。

                          (NHK NEWS WEBより)

 

12月に入り、学校でのいじめが原因で自殺に追い込まれたことを第三者委員会が認定し

たNEWSが続きました。

 

こんな悲しい、許されない 起きてはいけない事件を聞くと、不登校・ひきこもりの人

は自分を守る道を選ぶ力のあった人だと言われていますし、そう思います。

 

不登校の原因の大きなものに「いじめ」が挙げられていますが、埼玉の事件のように

「いじめ」だけに限定できない 要因が複雑に絡み合っている場合が実は多いのです。

 

埼玉の事件では、次のように記事が続きます。

13日に公表された報告書では、自殺した男子生徒は、中学校の入学祝いで父親からもらった学用品を壊されたり、同級生から侮辱的なあだ名で呼ばれたりしていたとして、学校でのいじめがあったと認定しました。そのうえで、「勉強や部活動への苦手意識、教員や友達との関係といった複数の要因が重なり自殺に至った」と結論づけています。

 

いじめだけでなく、学校生活の様々な場面で問題があったと考えることができます。

平成29年度 文科省日本財団の統計結果を参考にしてみると、子どもたちは多くの場

面で、悩み、ストレスを抱え、自信を喪失し、体調を崩している(自律神経の乱れ)の

ではないかと思うのです。

www.tsuushinsei-navi.com

 

今日は 中・高生の不登校 ひきこもりについてです。

 

高度成長時代から 誰でも高校に進学し 大学に行く

良い大学を出ないと 良い就職先はない 裕福な生活を送ることができない

 

学校でも 良い進学校 良い大学に生徒を合格させる学校が良いとされ、親も子どもも

そのような学校を選ぶ

 

そんな学校生活だから 子どもたちはすべてに同じように成績を出すように求められる

人それぞれ 得意なことも 力も違うのに。

思うように理解できず成績の上がらない子は 自信を無くす

進路にも不安を感じる

部活に入っても それが上手くいくばかりとは限らない

友だち関係で気の合わない子、考え方のちがう子もいるけれど 

上手く合わせていかなければならない。

ストレスを感じる。対人関係でも自信がなくなる。

 

思春期を迎え、自我が芽生えだした子どもたちは 自分について考え悩んでしまう

自分をだめだと思ってしまう子もいる

学校生活が楽しくなくなってしまう子もいる。

 

そんなとき、教師に悩みを相談できる子はほとんどいない。

 

親に相談できる子も少ない。

 

そして、不登校

 

でも、実は 親の愛をいっぱいに感じて育ってきた子は

自己肯定感が高いので 

自分のありのままを認め 自分はこれで大丈夫だと 不登校にならないし

親にも ありのままの自分を出して相談ができるそうです。

(舛田先生のお話から)

 

学校へ行かなくなると、親は慌てます。うろたえます。(私もそうでした。)

何とか 学校へ行かそうと思います。

でも、そのときはもう、学校生活の悩み、疲れ ストレスで自律神経がおかしくな

っていますから無理なんですよね。

前の晩に「明日は行く」と用意していても、朝になると起きることができない。

それは、サボりでも 怠けでもない。

息子も 朝起きることができなかった。

出かけようとすると下痢をして行くことができなかった。

 

親が「行け」といえば

「親に心配かけている 自分は学校にも行けない情けない だめなやつだ。」と

ますます 自信を無くしてしまう。自己肯定感が低くなる。

{息子が そう言っていました。)

そして、親が行きたくても行けない自分の辛い気持ちを分かってくれなければ

親に反抗して口を利かなくなってしまったり 部屋に閉じこもったり

暴力をふるったり・・・

親に自分の気持ちを分かって欲しいのに

自分では 整理して上手く話すことはできず イライラ 

 

せっかく 生きづらい学校から抜けて

自分らしい生き方をさがす道を自分で選んだのに。

 

親が不登校を認め 子どもの選択を認めることができたら

子どもは徐々に安心し 悩み ストレスなどから解放されます。

 

親は子どもにとって 絶対的な存在だから

不登校のきっかけが何であれ

不登校を選んだ後、

親の対応次第でそれが長引くかどうか 決まると私は思っています。

体験から そう思うのです。

 

親が不登校を認めず「ダメなことだ」と決めつければ

自分の行動を否定され ますます自信を無くし

自分の気持ちを分かってもらえなければ 反抗し

問題が深刻化していきます。

 

親が自分のことを認めてくれていると思えば

安心して 不登校・ひきこもりをし

自分で 自分が生きる道を考えていきます。

だって、自分の人生ですから 自分が決めるものだと 

子どもも分かっているし 考えています。

 

子どもが迷ったり 相談に乗って欲しいと思えば

子どもから声をかけてきたり そぶりを見せたりします。

そのとき アドバイスしたり 背中を押してあげれば いいのです。

 

完全に 息子が学校に行くことが無理と思ったときから

息子の行動や言葉を認め耳を傾けてきたときから

息子との良い関係が続いています。 

息子は自分のやりたいことを見つけ 今 やりがいをもって働いています。

 

一気に クリスマスとお正月 楽しんでしまいました

今日、12月8日(日)

午前は 勤務先の学校で 餅つき大会

午後は 友達主催の クリスマスJAZZLIVE

一日 楽しみました

 

餅つき大会では 全校の子どもたちと地域の方々500人ほどが体育館に集合

グループに分かれ 地域の方々に教えていただきながら 

餅つきと花餅づくりを 体験しました。

ついたお餅は 地域の方があんこ餅と黄な粉餅にして下さり

地域の方が作って下さった トン汁もいただきました。

地域の方々に感謝して 子どもたちといただきました。

 

5年生の子どもたちが 地域の方々に教えていただきながら

1年かけて 手作業での稲作を体験

収穫したもち米での 餅つき大会でした。

地域の方々に支えられ教えられ

子どもたちも私も楽しむことができました。

 

岐阜でも最近はあまり見られなくなった餅つき

臼と杵でなく 餅つき機に変わったり 

核家族化して 行われなくなったりしています。

だから この餅つき大会は

日本の伝統・協力の心を子どもたちに伝えていく良い会だと思いました。

 

手作業で農業を行い 餅つきをしてこられた 今のお年寄りがいなくなったら

この「餅つき」というお正月を迎えるための大切な日本の季節行事は

どうなってしまうのでしょうね。

そんなことも考えてしまいました。

地域の若い方々に伝えていく 大切な機会でもあるのかなと思いました。

 

 

餅つきが終わって

2時からのクリスマスJAZZLIVEに30分ほど遅れて参加

到着すると歌声が流れていたので 

ドアの外で1曲終わるまで聴いていました。

歌声が 身体の奥底まで響いてくる感じでした。

これ やっぱり 神門効果?

実はヴォーカルのみかさんは

先日、自律神経調律師の講座を一緒に受けたばかり

飯島先生に 歌う時の自律神経の整え方や

マイクの調整法のレクチャーをうけての歌声だったのです。

 

クリスマスソングをいつもと違ってJAZZで聴く楽しいLIVEでした

みかさんだけでなく フルート ピアノ ベース

そしてフラダンスも入るという 豪華なメンバーで

素敵な そして 癒される時間を空間を 過ごしました。

 

お友達手作りの ベジカツサンドとデザートもついていました。

(友達主催のイベントに いつも食事を用意してくれる友達です。)

お餅とトン汁でお腹いっぱいだった私ですが

始めは食べられないといいながらも

美味しくて 全部頂いてしまいました。

だから 私は夕食はなし。

夫に夕食は作りましたけどね。

 

今日は1日楽しみましたけど

まだ、大掃除していないのですよね・・・

頑張らねば

f:id:sunnykm-aktm-1422:20191208220748j:plain

f:id:sunnykm-aktm-1422:20191208220819j:plain

f:id:sunnykm-aktm-1422:20191208220644j:plain