ありのままの あなたで

不登校でも ひきこもりでも いいんだよ

何か感じていただければ 嬉しいな

昨夜 11月5日(月)のNHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」視聴して下さ

った方はあるでしょうか。

勤め先でも見て感想を聞かせてくれた方もあり、嬉しかったです。

 

私は、仕事柄何人かの不登校傾向のお子さんを見てきました。

低学年のうちは、お母さんと一緒になら登校できて、お母さんがそれにじっくり付き合

ってきた方は皆さん不登校から脱出しています。

 

子どもは何か不安を抱えると、お母さんに頼ってきます。甘えてきます。

「自分を守ってくれるのはお母さん」と知っているからです。

お母さんを必要としているのだから、甘えさせることは大切だと思うのです。

「何かあれば、いつでもお母さんは守ってくれる。」という安心感が生まれるのです。

 そこで甘えることができなければ、余計に不安になってしまいます。

子どもは十分安心して心が満たされれば、自然に親から離れていきます

 

低学年のうちに子どもさんがSOSを発し、それを受け止めてあげることができたお母

さんは大丈夫だと思っています。

私は、低学年でSOSを出してくれてよかったねと思うのです。

 

でも、親が無理矢理学校へ行かせようとするなど、子どもの甘えを許さない場合は結構

長引くこともあります。

 

また、いい子すぎると親に気を使ってSOSを出せずにきてしまう子もあります。

そんな子は、高学年、中学校、高校、大学など、勤めだしてからでも、ついに息切れし

不登校、欠勤ということがあります。

 

自我ができてからの不登校・ひきこもりは本人にとっても辛いことです。

不登校ひここもりになってしまった自分を責めてしまいます。

本人も今更甘えるなんてできませんし、誰に頼っていいのかも分かりません。

 

親も周囲も甘えることは許さないし厳しくしなければと思ってしまいます。

 

ご両親へ

でも、友田先生が言われるように、親が責任を感じて謝ったり暗くなったりする必要も

ないと思います。

親も子どもを不登校・ひきこもりにしようと育ててきたわけではないのですから。

親も一生懸命子育てして、子どもに対してよいことだと思ってやってきているのだから。

そして、親も生きていくことに大変だったのだから。

 

親も親としての経験はなく、自分が育てられてたようにしか子ども育てることはできな

っかたのだから。

だから、3代目4代目になって家族の問題を教えてくれるのが「ひきこもり」の子

「ひきこもりの子」は家族にとって「宝」と、カウンセラーさんは言われます。

 

何が問題となってひきこもったかを考えてみるのは大切ですが、

それが分かったら、過去にとらわれるのではなく、

「今、親として出来ることは何か。」

子どもの悩みや不安をどうやって楽にすることができるのか。

親の愛を子どもに伝えること、話を十分聞くこと、子どもと楽しく暮らせるようにする

こと 家庭をつくり直すこと・・・などなど

前向きに未来に向かって考えることが一番大切だと思っています。

 

 

当事者のかたへ

ひきこもった人に対して、

「大人なのだから自己責任」

という人もいます。

でも、大人になるまでに、人に頼ることができなくて、人に理解してもらえずに自分で

どうすることもできなくなり不登校・ひきこもりになったと思うのです。

 

人は勝手に大人になったわけではないのですから、

周囲が育てて大人になったのですから、

その課程で不登校・ひきこもりになったのだから 周囲の責任だと思うのです。

ひきこもった人に「自己責任」という人は、この「ひきこもり」の世界を全く知らない

人の言うことだと私は思います。

 

ですから、ひきこもりご本人も自分が悪いと考えずに人を頼って下さい。

今まで頼って、「裏切られた。」「分かってもらえない。」と思っている方もあるかと

思います。

でも、分かってくれる人は絶対にいます。

そういう支援者を諦めずに見つけて下さい。

支援組織を見つけて、勇気を出して尋ねて下さい。

あなたの未来を見つけて下さい。

 

私もそういう一人になりたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お薦め! NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

明日11月5日(月)の夜10時25分

NHKの番組 「プロフェッショナル 仕事の流儀」で小児精神科医・友田明美先生の

仕事の流儀・生き方が紹介されます。

友田先生は虐待が子どもの脳に与える影響を世界で初めて実証された研究者でもありま

す。

 

私はカウンセラーさんに先生のお話を聞き、本も読みました。

ブログにも上げました。

sunnykm-aktm-1422.hatenablog.com

 

 

今回の放送も楽しみにしています。

皆さんも是非ご一緒に見ませんか?

www4.nhk.or.jp

佐渡旅行 2日目

朝目覚めて外を見ると 青空が覗いている!

やった! 天気予報通り曇りで観光ができそう!

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181101212106j:plain

 

おきまりの朝風呂に行ってから、6時50分朝食へ。

その後 7時50分出発なので結構忙しい。

 

この日は 地元の新潟交通のバスで半日佐渡を廻ることに。

なぜなら、新潟港からのフェリーになったためバスの運行時間距離が長くなり、一人の

運転手さんだけでは勤務条件上無理ということで、添乗員さんと旅行社、バス会社が昨

日から話し合い調整して下さっていたのです。

その様子をバスの一番前の席に座って見聞きしていました。

(バスの前席指定・・・障害者・高齢者に優しい)

プロの仕事だなあと感謝でした。

 

観光はまず、大佐渡スカイラインで紅葉を楽しむ。

しかし、佐渡も例外ではなく9月の台風3つで、葉が枯れ落ちて今ひとつでした。

 

次は佐渡金山。人形で江戸時代の発掘の様子が分かるようにしてありました。

手掘りでよく掘ったものだとその苦労が分かり、それで儲けたのは・・・江戸幕府

 

そして、明治から昭和まで使用していた北沢浮遊選鉱場跡???

西洋技術を導入した金属と岩石を選別した施設だそうです。金銀の採取に応用し実用化

に成功したのは世界で初だそうです。

戦時下の大増産計画によって大規模な設備になったそうです。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181101221136j:plainf:id:sunnykm-aktm-1422:20181101221201j:plain

 「天空の城ラピュタ」の世界と話題になっているそうですよ。知らなかった!

 

予定外でしたが、1日目にたらい船体験ができなかったので、朱鷺の飼育施設「トキの

森公園」の見学ができました。

これも佐渡にしかないものなので、これはこれでよかったです。

 

流石、地元の運転手さんなので、声がでないのですみませんと言われながら、いろいろ

なところでスピードを緩めてガイドして下さいました。

その中でも、佐渡金山の削り取った跡や、野生の朱鷺のことを教えてもらえたのがよか

ったです。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181101222544j:plain

 江戸時代に手掘りで鉱脈を削り取った跡。

分かりますか? V字に見えるところです。

 

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181101223040j:plain

 天候が悪い日は よく田に降りてくるそうです。何羽も見ましたよ。

天気が悪くてこれはツイていたのです。

でも、写真になかなか撮れな~い。

 

そして、この日 虹を何と6回も見たのです。

これだけで、気持ちが楽しくなりました。

曇って一時的に雨が降ったり そして日差しも出たり

そんな一日だったからですね。

 

フェリーに乗ってからも。

海から出る虹は初めて見ました。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181101224342j:plain

フェリーの窓が雨と潮水で汚れていて・・・

 

新潟港に着いたのが午後3時30分

そこから走りに走って、地元に着いたのが夜10時15分。

 

運転手さん、添乗員さん、本当にありがとうございました。お疲れさまでした。

 

 

佐渡旅行の夜

フェリーに揺られている間に辺りは真っ暗。

佐渡両津港に着くと雨も降ってきました。(天気予報では昼間は晴れていたはず)

景色は全く分かりません。

 

ホテルには15分ほどで到着。

でも、なんだかまだ揺られている感じ。

朝の7時20分から 夕方6時30分まで およそ半日 バスとフェリーだったのです

から。

 

ゆっくり休む暇なく 夕食会場へ。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181101202823j:plain

夕食は地元佐渡の海の幸 お洒落な今風の懐石料理ではありませんが、新鮮でとても美

味しかったです。

蟹は食べるのが大変だなと思っていたら、仲居さんが全てきれいにむいて下さったので

苦労することなく美味しくいただきました。

隣に座った方が蟹味噌が苦手ということで 私が好きだと言ったら仲居さんがその方の

分まで私に下さいました。ラッキーでした。甘くて濃厚で大満足です。

甘エビの食べ方も教えて下さったのですが、ときすでに遅し。ほとんど食べてしまって

いました。1尾だけそのやり方で、味噌も卵も食べられるのです。流石地元です。

因みに土鍋は、牡蠣の蒸し焼きでした。

近頃小食になった母も残さず食べてしまいました。

 

隣の席のご夫婦はとてもウイットに富んだとてもおもしろい方で、母にもいろいろ話し

かけて下さって楽しい食事の時間になりました。

夕食の後のカラオケにも誘って下さったのですが、母の疲れのことも考えて低調にお断

りしました。

 

このホテルの夕食中のサービスは佐渡おけさです。3曲踊って下さいました。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181101204257j:plain

これで少し佐渡へ来たという気分になりました。

 

食事の後はお土産を物色し、少し休んで温泉へ。

少し遅かったからか、母と二人の貸し切り状態。ゆったり入ることができました。

お湯はとろう~りしてお肌がすべすべになりました。

露天風呂もとても気持ちよかったです。

いいお湯でした。

 

夜中は風の音がヒューヒュー聞こえました。

さて、明日は???

 

 

 

佐渡旅行

母と佐渡へ旅行に来ています。

父親が生前中に夫婦で行きたいと思っていたのでしが、それは叶わなかったので、今

回ツアーを見つけたので、連れてきてあげることに決めたのです。

 

母は高齢なので、参加できそうなツアーはなかなかありません。

第1の条件は バスの乗車場所。

地元の駅前から出発するものしか、難しいのです。

第2は 高齢者、障害者に優しいかということ。

 

この旅行社のツアーはちょっと忙しいかなと、私は敬遠していたのですが、この2つ

条件に合うのです。

 

でも、日にちが限られてしまいます。

 

今回は、太平洋側は晴天ですが、日本海側は雨の予報。

1週間まえから、佐渡天気予報とにらめっこ。

そんなにひどくなさそうで、行けるかなという感じでした。

 

バスの中でもタブレットを見て、佐渡は午後から晴れ❗️

しかし、大雨,強風,波浪,雷注意報❗️

どうなの?

 

結果は、直江津からのフェリーは欠航に。

新潟からのフェリーは大型で、風もそれほどひどくないということで、そちらに回る

ことに。

しかし、遠くなり佐渡に着く時間は18時30分。

これでは、1日目は泊まるだけで観光はできません。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

1日中、バスとフェリーに揺られることになってしまいました。

 

妙高のサービスエリアで虹が!

何かいいことがあるかなと、自分を少し慰めて。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181030174250j:plain

 

しかし、フェリーは絨毯で、椅子なし。2時間半の船旅、高齢の母には困ります。

1等船室の椅子席はすでに予約で満席。

仕方なく、絨毯の1等船室に。少しは、ゆったりできてました。

 

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181030174403j:plain

 海は少し荒れています。でも、揺れはさほどではありません。

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181030174727j:plain

友だちとランチ

先週、久しぶりに友だちから「ランチかお茶でもしない?」と連絡が入り、二人の都合

がついた今日、ランチしてきました。

 

始め予定したところは(と、いってもお店は今朝決めたので)行ってみると、今日は予

約でいっぱい。小さいお店なので、土日は予約したほうがよいらしいです。

 

そこで、その近くで彼女が知っていたイタリアンのお店 Cannrey Rowに行

ってきました。

 

せっかく二人なのだからいろいろ楽しめるように

二名様におすすめのランチコースから

  渡り蟹のパスタスープランチを選びました。

  そしてもう1品 好きなパスタかピッツァを選べたので ジェノヴァをチョイス。

  前菜バイキングとフリードリンクもついていました。

そして、お店の方が渡り蟹パスタスープ用のコンロをもってきて下さったとき、

「残ったスープでリゾットを作るので、前菜を取り過ぎないようにね。」

と、言われました。

パスタに ピッツァに リゾット!  食べきれるかなあ!

 

じゃあ、前菜は少なめにと思ったのですが、取りに行ったらいろいろあるので、

ついついお皿いっぱいに取ってきてしまいました。

 

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181027232510j:plain

f:id:sunnykm-aktm-1422:20181027232612j:plain

(写真撮るの忘れて、渡り蟹を動かしてしまったので慌てて戻したけれど位置悪くて美味しそうじゃないし、よく確かめなかったので鍋つかみで隠れて、ジェノバが・・・ホント下手です。)

 

でも、本物は

渡り蟹のパスタスープは魚介の旨みがいっぱい広がるブイヤベースで見た目よりあっさ

りして美味しかったです。

ジェノヴァも バジルとオリーブとアンチョビがきいていてこれもあっさりしていて美

味しかったです。ふつうピッツァ食べるとちょっとくどくなるんだけれど。

これなら、〆のリゾットもOK!

大満足でした!

 

彼女は元同僚で、同じひきこもりの子どもをもつ親同士。

お互いのよき理解者です。

どちらかというと、今は彼女の家の方が色々深刻な問題を抱えています。

だから、今回は彼女の話を聴きながら、私が自分の気持ちの切り替え方を話し

ました。

今,一歩踏み出すのに躊躇している彼女なのです。

体験者同士だからできる話です。

 

神様が引き合わせて下さったのか

一生の友だちになると思っています。

アパートを変わって

息子のひきこもり脱出記 No.17

 

千葉の北小金に住んでから1年3ヶ月で、フレンドスペースまで 自転車でも徒歩でも

通える距離のアパートへ引っ越しました。

 

その結果・・・少しずつ通えるようになってきたのです。

 

これで、通えるようになるという確信があったわけではないのです。

ただ、息子も私も、今のままではいけない、何とかしたいという思いだけでした。

 

決断して良かった。

 

居場所が近いということはやはり大切です。

ひきこもりということは、

簡単に動くことができず、動くことだけにもすごい決断がいるのですから。

遠くだと、行くことにさえ負担を感じてしまいます。

決断して動き出しても到着するころには、もう居場所が終了してしまう時間になってし

まいます。

 

何度か顔を出していると、フレンドスペースが行っている月刊の定例行事にカウンセラ

ーさんが誘って下さいました。

するとそこで、顔見知りの仲間もでき、友だちもできてきました。

息子の話の中に、いつも同じ名前の方の話が出てくるようになったのです。

ほとんどの方が息子よりかなり年上でした。

でも、同じような悩みをもつ方々なので、話が通じることが多く共感し合えたようです。

そして、お互いのアパートを行き来したり、皆で集まったりもしていたようです。

 

動けるようになってきたことで、少しずつ自信ももててきたでしょうが、

体調が良くなったわけではなく、強迫神経症もそのままでした。

それを理解してくれる仲間たちなので大丈夫という安心感もあったと思います。

鬱は、抗うつ剤を飲んでいるとそのときは動くことができても、ハイになってしまい自

分のやりたかった目的を忘れてしまうことに気付き、怖くなって自分から飲むのを止め

ました。